おすすめのおしゃれな照明の選び方

照明は空間の印象を左右する大事なポイントです。人は時に照明から清潔感やぬくもり、安らぎなど、明るさ以上のものを感じ取ります。それほどまでに照明はその場に影響を及ぼすのです。照明器具は、それ自体のデザインはもちろんですが、設置する場所に合っているかどうかでセンスが決定されます。あまりにもピカピカとしたライトで眩し過ぎる寝室、雰囲気を重視し過ぎた所為で暗過ぎる書斎などというのは言うまでもなくナンセンスです。ここでは場所ごとの最適な照明を考えた上で、空間をおしゃれに生かす方法を紹介していきます。今の部屋の照明が気に入らないという方や、そもそも照明なんてあまり気にしたことがなかった方も、今一度光との付き合い方を考え直してみましょう。キーワードとなるのは空間演出、光と影のバランスです。

複数の照明を使い分けることで空間に奥行を

リビングのような広々とした場所には、複数の照明を配置するのがおすすめです。と言うのも、一つの照明しかないと部屋に奥行きが生じないためです。複数の照明を使い分けることで光と影の空間演出が可能になり、レストランやホテルのようなおしゃれな部屋に生まれ変わります。まず全般照明として、天井に設置するシーリングライトやダウンライトなどがあります。これは部屋全体を照らせるような灯りです。これに対し、部分照明として、壁の側面に取り付けるブラケット、床に直置きするフロアスタンドやテーブルの上のデスクライトなどがあります。この両方を取り入れて、いくつかの種類の照明を組み合わせて使ってみましょう。消費電力の異なるライトを複数設置することで、一つの照明のみで管理していた時よりも省エネになることもあります。

ダイニングや寝室の照明選びの例

ダイニングの照明で重視したいのは色温度と演色性です。これは照明の色の明るさと鮮やかさにあたる部分です。一般的にオレンジ系の、電球を思わせる色の照明は、料理を美味しそうに見せてくれると言われています。それを踏まえた上で、ダイニングの照明はペンダントライトがおすすめです。天井から釣り下げるタイプの照明で、デザインも豊富なので、食事が楽しくなるようなものを選べるといいでしょう。光と影のバランスの、影の部分がより重要になるのは寝室です。寝室の照明は安眠を妨げないことが第一条件です。光源が剥き出しの照明よりも、覆いのついたタイプのものがいいでしょう。また、間接照明や足元照明など、真上から降り注ぐ以外の光源を設けることをおすすめします。程好い薄暗さはムードの演出にも一役買ってくれます。他の場所も、どんな目的の場所か、どんなイメージを持たせたいかで照明を選ぶと、ぐっとおしゃれ度がアップすることでしょう。