全国の様々な自動車学校が提供している免許合宿は、安い、早い、楽しいの3拍子揃った魅力的なプランが魅力となっており、多くの大学生が春休みや夏休みなどを利用して参加しています。免許合宿に参加することに関して、特に難しいことはありませんが、いくつかの注意点もありますので、予め知っておくと良いでしょう。主な注意点はスケジュールを変更、キャンセルすることができないこと。スケジュールがハードであること。年齢制限があること、他の参加者と一緒に行動することがあることなどを挙げることができます。特にクリアできないようなハードルの高いものではありませんが、これらの注意点をしっかり理解、納得した上で参加しないと、後から後悔することもあり得ますので注意しましょう。

スケジュールに関して注意すること

通常、通学で自動車免許を取得する場合は、自分で都合の良い時間に教習を予約していきますが、免許合宿では予めスケジュールが決まっているのが特徴で、そのスケジュール通りに進んでいくと最短で卒業することができる仕組みになっています。ただ、注意しなければならないのは個人的な都合でこのスケジュールを変更したり、キャンセルしたりすることが難しいということです。そのため2週間近くにわたって完全にフリーな方しか参加することができず、仕事や授業、その他の用事がある方は参加が難しくなります。また、そのスケジュールもかなりハードな内容となっています。これは少しでも早く卒業し、費用が膨らまないようにするためで、参加者にとってもメリットがあります。友達と励まし合いながら参加すると楽しく乗り越えることができるでしょう。

年齢制限や他の参加者との関係について

ほとんど免許合宿では年齢制限が設けられています。年齢制限というのは、それ以上の年齢の方は参加できないということではなく、教習時間がオーバーしてしまった場合の保証が受けられないことを意味しています。たとえば、最短卒業日数に対して5日間の保証が約束されていた場合、卒業が伸びてしまったとしても、最短卒業日数プラス5日間までは、教習費用が追加されないということを保証しています。そして、この保証に対して年齢制限がかけられているわけです。高齢になるほど、最短で卒業するのが難しくなるからです。一般的に多い年齢制限は25歳までとなっています。また他の参加者との関係については、教習時間は一人なので特に問題はありませんが、宿舎に宿泊する場合は、食堂などで一緒になります。友達を作るくらいのつもりで参加すると楽しくなるでしょう。

Comments are closed.