免許合宿には通学にはない様々な特徴があります。その特徴をよく理解した上で参加するかどうか決める必要があります。まず、一般的に通学に比べると、費用が安いと言われています。時期にもよりますが、20万円以下で卒業できるところも少なくありません。しかも、宿泊代や食費、さらには交通費まで含まれての価格です。仮に通学と同額が設定されていたとしても、これらの教習以外の費用のことを考えると、大変お得でありメリットが大きいことがわかります。免許合宿を選ぶ人の多くが、少しでも教習費用を安く抑えることを目的としています。二つ目に短期間で卒業できるというメリットがあります。通学では卒業まで1カ月半から3か月程度かかることを考えると、とてもスピーディであることがわかります。短期集中なので上達も早いです。

宿泊施設や食事、部屋のタイプを要チェック

合宿免許選びで重要なことは、費用の安さだけではありません。2週間近く生活をするのですから、少しでも快適で、楽しく過ごしたいものです。そこでポイントになってくるのは宿泊先です。ホテルなのか、教習所が持っている宿舎なのか、あるいはウィークリーマンションのようなところなのかよく比較検討する必要があります。また、食事の内容も重要です。口コミで、食事がどのように評価されているのか、量や味付けなど要チェックです。バイキング形式を採用している免許合宿も少なくありません。バイキングであれば好きなものをとって食べれば良いので楽ですが、いつも同じ内容のバイキングだと飽きてしまうことでしょう。さらにシングル部屋なのか、ツインやトリプルなのかも要チェックです。プライベートを確保したい方はシングルがおすすめです。

免許合宿に申し込む前に知るべき要注意点について

免許合宿は費用が安く、卒業までの期間も短いという特徴があり、さらに少し旅行気分を味わえるというのも魅力的です。しかし、注意点もあるのでよく理解しておく必要があります。たとえば、決められたスケジュール通りに動かなければならないということです。スケジュールは基本的に変更することができません。都合が悪いからといって勝手に教習時間を変更したり、キャンセルしたりということができないのです。そのため2週間にわたる長期の休暇がない人は、事実上に免許合宿へ参加することができないということです。また2週間の詰め込み式となるので、かなりハードでタイトなスケジュールになることが予想されます。のんびりと都合の良いときにだけ技能訓練や学科をうけたいというのであれば、免許合宿よりも通学のほうが融通がきくので良いと思われます。

Comments are closed.