照明の基本的な仕様を解説します

照明とは室内や外を明るく照らす装置のことですが、一口にいっても、その形は様々です。住宅用の部屋を広く照らすものはシーリングライト、埋め込み式のダウンライト、部分的に照らすスポットライト、つりさげ式のペンダントライト、床に支えを置くスタンドライト、テーブル周辺に置くテーブルランプと様々です。また外で活躍する灯りといえば車止めのような形で庭園に付けられることが多いボラードライト、玄関などによく取り付けられている天井などの高い位置に取り付けられているアッパーライト、足元を照らすフットライトと様々です。またLEDのように長持ちするものや、蛍光灯のように広く周囲を照らすもの、タイマー機能が付いたもの、人や周囲の明るさを感知して光るものなどがあります。そして光の種類も違います。

色だけでなくカバーでも雰囲気がかわる照明

蛍光灯には電球色、昼白色、昼光色という色があります。これは好みにもよりますが、キッチンやダイニングには昼白色、寝室には電球色や昼白色、手元がはっきり見える明るさが欲しい時は昼光色がよいと言われています。照明は形だけでなく色にも、様々な特色があります。灯りは生活に必要なものですから、必要最低限のものがあれば、一通りは大丈夫です。しかし少しの余裕があるのなら、すこしオシャレなものを探すことで、部屋に華やかさや落ち着きが加わります。お部屋に合わせた、理想の空間を演出することもできます。まずはどの程度の灯りが必要なのか、どのような役割が欲しいのかを考える事です。また必要最低限の灯りがあればいいということではなく、そこに被せるカバーひとつで、部屋の雰囲気も変わります。

間接照明で落ち着いた雰囲気を演出する

オシャレな明かりといえば、キャンドルのようなほのかな明かりを想像するかたもいると思います。同じような効果があるものが間接照明と呼ばれるものです。壁や天井に光を当て、反射させるものですが、そのメリットは直接光が当たらないので、まぶしくないという点です。ただ雰囲気などは出せますが、勉強や仕事の時など、作業時には向かないものです。雰囲気や、光の柔らかさを楽しむもので、美術館などの演出にも使われるものです。家でも非日常を演出したいとき、または眠る時にこのような抑えた光にすることで、リラックス効果があり、睡眠に良い影響を与えるということもあります。ですから通常の灯りとは別に、同じ部屋に違う灯りを置くという方法もあります。掃除のしやすさや、予算の関係もありますが、余裕のひとつとして導入することで癒しがでてくることもあります。