免許合宿は全国にありますので、それぞれの特徴をよく調べ、比較検討する必要があります。主な比較ポイントは、費用、宿泊施設、特典の三つです。免許合宿の費用はオフシーズンで20万円から25万円、オンシーズンで25万円から30万円前後が相場ですが、この相場価格よりも安い費用を設定している免許合宿もあれば、様々な割引を設定してお得に参加できる免許合宿もあります。宿泊施設については、ホテル、宿舎、マンションタイプなどがあります。プライベートを優先するならホテル、費用の安さでは宿舎、気軽に普段のような生活がしたければマンションタイプがおすすめです。特典については、各種割引のほか、様々なイベントや温泉、観光ツアーなどがセットされている免許合宿もあります。

免許合宿の費用についての注意点

免許合宿の費用を少しでも安く抑えたい場合は、まず費用をじっくり比較することが大切です。同エリアにある免許合宿でも費用が大きく異なることがありますし、同じ免許合宿でも宿泊先や部屋のタイプでも費用が異なります。細かな点では、食費はすべて込みなのか、交通費の上限はどうなっているのか、割引が適用されるのかなど、チェックしていくことでトータルでの費用が大きく変わってくることも少なくありません。特に交通費に関しては、上限が決められていることが多いので、自宅から遠くなると自己負担額が大きくなります。旅行もかねて免許合宿に参加するというのではれな、多少自己負担があったとしてもお得感がありますが、そうでなければできる限り自己負担がない免許合宿を選ぶと良いでしょう。

宿泊施設についてもよく考えよう

宿泊施設については、2週間という期間の長さを考えると、適当に考えると後悔するかもしれません。たとえば、温泉がある地域の免許合宿では、すべての宿泊先に温泉がついているというところもあれば、森のリゾート地では宿泊先がすべてペンションという免許合宿もあります。また、自炊可能な宿泊施設では、20万円を切る費用で参加が可能な免許合宿もあります。宿泊施設を考える上でもう一つ重要なのは、部屋のタイプです。一人でプライベートの時間を確保したい方はシングルルームが良いでしょうし、気の合う友達と一緒に参加したいという方はツインやトリプルの部屋が良いでしょう。一般的に相部屋になると費用も若干安くなることが多くお得です。また、教習所内にある宿舎の場合行き帰りの負担がありません。

Comments are closed.